専門用語を知る

保険会社の基準は自賠責保険基準に若干上乗せした程度の額なので、 裁判基準視点から見れば相当額が低いということが判ります。なぜこのような事態が起こってしまうのかといえば、弁護士を交通事故被害に遭った人たちが味方につければ、最終手段として訴訟を提起される可能性があり、 保険会社は訴訟コストのことも考え、出来るかぎり任意に解決したいということで、裁判基準に近い金額での示談が実現出来るからです。

自身である程度の額に満足されて示談書にサインした場合基本的に示談のやり直しをすることが出来せんので呉々も注意をしてください。

しかしまだまだこのような事実を知らないで一人で頑張って示談まで持ち込もうとしている人たちが多いようです。そのときは、頭もパニック状態で、手っ取り早い方法で済ませてしまえばいいという気持ちも起こるのかもしれませんが、あとあときっと大きな後悔をすることになるでしょう。

そのとき、弁護士に一度でも相談しようという姿勢を持つことが出来れば……。交通事故被害に遭った人たちが、そのような専門用語を知ることもそれ程難しいことではありません。まずは、知ろうという姿勢を持つことからスタートしなければなりません。

保険会社と直接交渉

ここでは、「自賠責基準」、「任意保険基準」、「裁判基準」が何かということを明確にしてお話しをしましょう。そのような言葉が判らないから、弁護士にまずは無料相談する意味があるのではないでしょうか。

交通事故被害に遭った人たちは、緊急に知らなければならないことばかりです。法律上当然の権利として、損害賠償金額があり、交通事故により被害を受けたわけですから、損害賠償してもらう権利を持つことになります。適正な額の慰謝料などを当たり前に賠償してもらうことが出来ると交通事故被害に遭った人たちは思っているのではないでしょうか。

しかし実際にはそうではなく、 ここに「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」というそれぞれの基準が存在することになります。自賠責基準<任意保険基準<裁判基準となり、 裁判基準が最も高額な支払いを受けることが出来るようになっています

自分自身で保険会社と交渉しようと言う姿勢を持てば、 保険会社には「これが最大限のお支払額です」と言われ、ついつい早く終了させてもしまいたいですし、示談にサインすることもあるかもしれません。

しかし、そこの額で決して満足するべきではなく、 保険会社の基準は自賠責保険基準に若干上乗せした程度のものなのです。

弁護士の無料相談

交通事故被害に遭ってしまった人たちはまずは弁護士に相談するというモチベーションが正しいです。最近では弁護士相談を無料で行っているところもありますので、そのようなところを利用してみてはいかがでしょうか。ちなみに、交通事故相談を行う『アディーレ』では、無料相談を実施しています。交通事故被害に関する相談は何度でも無料です。そして、弁護士という存在がまだまだ敷居が高いと思っている人たちも多いようですが、交通事故被害に遭ってしまったとき、法律の言葉で相手と交渉をしていかなければなりません。そのような交渉が、法律とはほとんど無関心で日常生活を過ごして来た方々に出来るはずはありませんし、とにかくそのような人たちは、現在交通事故の体験に頭がパニック状態でしょう。

保険会社は、善意で会社経営をしているいうことではありません。みなさんに支払いする賠償金の額を少なくすることで、より利益をあげることが出来、 被害者と加害者の保険会社の利害は反すると考えることが出来ます。

弁護士という存在はどうなのでしょうか。弁護士も儲けるためにしているというのは正しいのかもしれません。 「基本的人権の擁護」と「社会正義の実現」のために弁護士が存在しているというのかもしれませんが、そんなものはほとんどタテマエであるかもしれません。

しかしそうだとしても、 交通事故の被害者の利害は一致していると考えることが出来ます。弁護士も保険会社同様に儲けるために存在するものかもしれませんが、交通事故被害に遭った人たちが損をすれば弁護士も損をして、得をすれば得することになります。そのような意味で保険会社とは違い利害は一致していると考えることが出来ます。

そして次には、交通事故における「自賠責基準」、「任意保険基準」、「裁判基準」について考えてみましょう。 「自賠責基準」、「任意保険基準」、「裁判基準」という言葉も、日常生活において頻繁に飛び交う言葉では決してありませんが、交通事故被害に遭ったら当たり前に遭遇することになります。

交通事故の弁護士相談

交通事故被害に遭うということは人生において何度もあることではありません。したがってほとんどの人たちは、交通事故はじめての体験ではないでしょうか。被害に遭った人たちは、もう頭もパニック状態で、何をしていいか判らないでしょうね。

冷静な時であっても私達は、法律のノウハウなど何ももっていないので、何をどうしていいか判らないはずです。交通事故とはそういうものなのです。なのに、交通事故の後始末は自分一人で出来ると頑張っている人たちもいるのかもしれません。そのような人たちに一体何が出来るというのでしょうか……。

交通事故の問題は、すぐに弁護士という法律のプロフェッショナルの力を借りるということが正しい選択肢です。

みなさんはそのとき、保険会社に一度相談してみようというモチベーションが生まれるかもしれません。一番身近な存在は、契約した保険会社の代理店なのかもしれません。しかし、そのような時保険会社に相談してもほとんど意味がないと言います。

そもそも保険会社という存在は自社の利益を優先している営利企業に過ぎないのです。 保険会社がどのような方法によって利益をあげることが出来るかといえば、 保険料からです。しかし保険料をそのまま利益として受け止めることが出来ません。ここから保険会社は「賠償金の支払い」の分を差し引きしなければなりません。

「賠償金の支払い」を差し引いたものが保険会社の利益とすることが出来るものです。