交通事故の弁護士相談

交通事故被害に遭うということは人生において何度もあることではありません。したがってほとんどの人たちは、交通事故はじめての体験ではないでしょうか。被害に遭った人たちは、もう頭もパニック状態で、何をしていいか判らないでしょうね。

冷静な時であっても私達は、法律のノウハウなど何ももっていないので、何をどうしていいか判らないはずです。交通事故とはそういうものなのです。なのに、交通事故の後始末は自分一人で出来ると頑張っている人たちもいるのかもしれません。そのような人たちに一体何が出来るというのでしょうか……。

交通事故の問題は、すぐに弁護士という法律のプロフェッショナルの力を借りるということが正しい選択肢です。

みなさんはそのとき、保険会社に一度相談してみようというモチベーションが生まれるかもしれません。一番身近な存在は、契約した保険会社の代理店なのかもしれません。しかし、そのような時保険会社に相談してもほとんど意味がないと言います。

そもそも保険会社という存在は自社の利益を優先している営利企業に過ぎないのです。 保険会社がどのような方法によって利益をあげることが出来るかといえば、 保険料からです。しかし保険料をそのまま利益として受け止めることが出来ません。ここから保険会社は「賠償金の支払い」の分を差し引きしなければなりません。

「賠償金の支払い」を差し引いたものが保険会社の利益とすることが出来るものです。