弁護士の無料相談

交通事故被害に遭ってしまった人たちはまずは弁護士に相談するというモチベーションが正しいです。最近では弁護士相談を無料で行っているところもありますので、そのようなところを利用してみてはいかがでしょうか。ちなみに、交通事故相談を行う『アディーレ』では、無料相談を実施しています。交通事故被害に関する相談は何度でも無料です。そして、弁護士という存在がまだまだ敷居が高いと思っている人たちも多いようですが、交通事故被害に遭ってしまったとき、法律の言葉で相手と交渉をしていかなければなりません。そのような交渉が、法律とはほとんど無関心で日常生活を過ごして来た方々に出来るはずはありませんし、とにかくそのような人たちは、現在交通事故の体験に頭がパニック状態でしょう。

保険会社は、善意で会社経営をしているいうことではありません。みなさんに支払いする賠償金の額を少なくすることで、より利益をあげることが出来、 被害者と加害者の保険会社の利害は反すると考えることが出来ます。

弁護士という存在はどうなのでしょうか。弁護士も儲けるためにしているというのは正しいのかもしれません。 「基本的人権の擁護」と「社会正義の実現」のために弁護士が存在しているというのかもしれませんが、そんなものはほとんどタテマエであるかもしれません。

しかしそうだとしても、 交通事故の被害者の利害は一致していると考えることが出来ます。弁護士も保険会社同様に儲けるために存在するものかもしれませんが、交通事故被害に遭った人たちが損をすれば弁護士も損をして、得をすれば得することになります。そのような意味で保険会社とは違い利害は一致していると考えることが出来ます。

そして次には、交通事故における「自賠責基準」、「任意保険基準」、「裁判基準」について考えてみましょう。 「自賠責基準」、「任意保険基準」、「裁判基準」という言葉も、日常生活において頻繁に飛び交う言葉では決してありませんが、交通事故被害に遭ったら当たり前に遭遇することになります。