保険会社と直接交渉

ここでは、「自賠責基準」、「任意保険基準」、「裁判基準」が何かということを明確にしてお話しをしましょう。そのような言葉が判らないから、弁護士にまずは無料相談する意味があるのではないでしょうか。

交通事故被害に遭った人たちは、緊急に知らなければならないことばかりです。法律上当然の権利として、損害賠償金額があり、交通事故により被害を受けたわけですから、損害賠償してもらう権利を持つことになります。適正な額の慰謝料などを当たり前に賠償してもらうことが出来ると交通事故被害に遭った人たちは思っているのではないでしょうか。

しかし実際にはそうではなく、 ここに「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」というそれぞれの基準が存在することになります。自賠責基準<任意保険基準<裁判基準となり、 裁判基準が最も高額な支払いを受けることが出来るようになっています

自分自身で保険会社と交渉しようと言う姿勢を持てば、 保険会社には「これが最大限のお支払額です」と言われ、ついつい早く終了させてもしまいたいですし、示談にサインすることもあるかもしれません。

しかし、そこの額で決して満足するべきではなく、 保険会社の基準は自賠責保険基準に若干上乗せした程度のものなのです。