専門用語を知る

保険会社の基準は自賠責保険基準に若干上乗せした程度の額なので、 裁判基準視点から見れば相当額が低いということが判ります。なぜこのような事態が起こってしまうのかといえば、弁護士を交通事故被害に遭った人たちが味方につければ、最終手段として訴訟を提起される可能性があり、 保険会社は訴訟コストのことも考え、出来るかぎり任意に解決したいということで、裁判基準に近い金額での示談が実現出来るからです。

自身である程度の額に満足されて示談書にサインした場合基本的に示談のやり直しをすることが出来せんので呉々も注意をしてください。

しかしまだまだこのような事実を知らないで一人で頑張って示談まで持ち込もうとしている人たちが多いようです。そのときは、頭もパニック状態で、手っ取り早い方法で済ませてしまえばいいという気持ちも起こるのかもしれませんが、あとあときっと大きな後悔をすることになるでしょう。

そのとき、弁護士に一度でも相談しようという姿勢を持つことが出来れば……。交通事故被害に遭った人たちが、そのような専門用語を知ることもそれ程難しいことではありません。まずは、知ろうという姿勢を持つことからスタートしなければなりません。